愛知ベース工業株式会社ではパネル操作による管理が可能な地盤改良の機械・沈下修正工事など最先端の技術でお客様の大事な土地の地盤環境調査、地質調査、地盤補強、地盤改良、鋼管杭工事などを行っております。土地という貴重な財産を有効に活用して、よりよい環境を次世代へと引き継ぎ、大地を永遠に有効利用し活かしていくことを理念にしています。


土壌汚染・浄化 調査から浄化まで「適切に」「効率よく」解決します。

目的

不動産や操業する事業所に潜在する環境リスクを適正に把握します。不動産取引における事前確認や、環境ISO取得等のために。

対象物質

土壌汚染対策法に指定された特定有害物質である重金属、VOC(揮発性有機化合物)、農薬に限らず、油や異臭物質なども対象になる場合があります。

1.調査の流れ(地歴等)

対象地の登記関係による履歴及び住宅図、航空写真による履歴を調査した土地利用履歴、周辺事業からの環境影響、周辺の土地利用状況、地質概要図、地形図による地形地質を勘案し、土壌汚染の可能性を判断します。

  • 航空写真

  • 地形図

  • 住宅図

  • 公図


2.調査計画の策定

  • genchi
  • chousahouhou
  • kuiki
  • koutei

資料調査などの結果から、汚染の有無や汚染範囲を把握するための調査を行います。

調査対象地の状況

1,汚染のおそれがある区域
・有害物質使用特定施設を含む工場
・排水処理施設

2,汚染のおそれが少ない区域
・有害物質使用特定施設を含まない工場
・廃材置き場
・倉庫

3,汚染のおそれがない区域
・従業員用駐車場
・管理棟

試料採取等を行う区画の設定


汚染のおそれがある区域
10m区画の中からサンプリングします。

汚染のおそれが少ない区域
30m区画の中からサンプリングします。

汚染のおそれがない区域
サンプリングしません。

表層土壌ガス採取

表層土壌採取

表層土壌採取(複数地点混合)

3.概況調査(平面確認)

  • 表層土壌調査
  • 表層土壌ガス調査

対象地の表層土壌を分析し、平面的な汚染の分布及び汚染の経路等を把握する目的で行います。
試料採取地点図の採取地点の表層から50cmまでの土壌をSCSC法により採取し、分析を行います。

表層土壌調査

  • 表層土壌調査

    1、調査対象地を掘進します。(SCSC法)

  • 表層土壌調査

    2、土試料棒状コア50cm採取します。

  • 表層土壌調査

    3、0〜50cm地点、5〜50cm地点、の2ヶ所でサンプリングを行います。


表層土壌ガス調査

  • 表層土壌ガス調査

    1、調査地点の深度80cmより土壌ガスをサンプリングします。

  • 表層土壌ガス調査

    2、サンプリングした土壌ガスを分析します。
    (PID分析)


4.汚染の確認

5.詳細調査(深度方向確認)

  • ボーリング調査
  • 物理深査
  • 地下水調査
  • シュミレーション
  • 水理試験(透水・揚水)

ボーリング調査

  • ボーリング調査

    1、振動タイプ
    (深い深度での採取)

  • ボーリング調査

    2、土試料棒状コアを深度1m毎に採取します。

  • ボーリング調査

    3、採取した棒状コアを深度順にコア箱につめこみます。

  • ボーリング調査

    4、採取した棒状コアから試料びんに採取します。

  • ボーリング調査

    5、サンプリングした土試料です。試料びんの土を分析します。


地下水調査

流向・流速試験 観測井の地下水の向きと流れの速さを測定します。

6.汚染機構の解明

7.浄化

詳細調査により確定した汚染範囲内の土壌について、最も有効と考えられる浄化対策を実施します。
浄化対策実施後は、その効果を確認するため定期的なモニタリング計画を実施します。
尚、浄化対策については詳細調査結果をもとに別途浄化計画を策定します。

化学的分解法

汚染土壌中に薬剤を添加し、化学的に特定有害物質の分解を行います。
特定有害物質を含む汚染土壌に対して、酸化分解、還元分解を行います。

化学的分解法

  • 施工機械

  • プラント

  • 注入状況

  • 攪拌注入状況


VOC(揮発性有機化合物)の還元分解のメカニズム

VOC(揮発性有機化合物)の還元分解のメカニズム

汚染土壌の分布範囲に特定有害物質を不溶化するための薬剤を注入・攪拌することで第二種特定有害物質を土壌溶出基準に適合させる工法です。

  • 不溶化材投入状況

  • 攪拌混合状況

  • 攪拌混合混ぜ始め状況

  • 攪拌混合混ぜ完了状況

  • 中間転圧状況

  • ローラー転圧状況


掘削除去

汚染土壌を掘削除去し、掘削除去した跡を汚染されていない清浄土で埋め戻す工法です。

バイオレメディエーション

微生物の持つ特定有害物質の生分解性を活用し、汚染した土壌を浄化する手法です。

バイオスティミュレーション

汚染場所の土着微生物に酸素や栄養源を与えることで微生物を活性化し、浄化作用を促進する手法です。

土壌・地下水汚染のしくみ

土壌・地下水汚染のしくみ

第一種特定有害物質(爆発性有機化合物)は、水に溶けにくく粘性が低いため、不飽和層をほぼ垂直に落下していきます。さらに、水より比重の重い揮発性有機化合物は帯水層中を落下して難透水層の上に溜まり、地下水を汚染し続けます。また、ベンゼンを除く油分は特定有害物質に指定されていませんが、地下水の表面に沿って地下水汚染を拡大させるおそれがあります。
第二種特定有害物質(重金属等)は、土壌層に溜まりやすいという性質がありますが、雨水などの影響によって地下深部へ浸透するおそれがあります。

揮発性有機化合物等の汚染物質は、一部は土粒子表面に吸着して原液の状態で保持されます。また、一部は土壌間隙中で揮発し、汚染土壌ガスとして地下空気を汚染します。

特定有害物質とは?(土壌汚染対策法第2条第1項)

土壌に含まれることで健康被害を生ずるおそれがある物質として、25項目の物質が指定されています(アルキル水銀は水銀及びその化合物に含まれています。)土壌溶出量基準は、土壌汚染が原因となった汚染地下水を飲用する場合のリスクをもとに設定されています。土壌含有量基準は、土壌に含まれる汚染物質を直接摂取する場合のリスクをもとに設定されています。

  特定有害物質の種類 土壌溶出量基準
(mg/L)
土壌含有量基準
(mg/kg)
主な用途
第一種特定有害物質
(揮発性有機化合物)
四塩化炭素 0.002以下   フロンガス原料、消化剤、溶剤
1,2-ジクロロエタン 0.004以下   塗料溶剤、洗剤、殺虫
1,1-ジクロロエチレン 0.02以下   溶剤、医薬
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.04以下   溶剤、医薬
1,3-ジクロロプロペン 0.002以下   農薬(殺虫剤)
ジクロロメタン 0.02以下   溶剤、冷媒、脱脂剤
テトラクロロエチレン 0.01以下   ドライクリーニング溶剤、原毛洗浄
1,1,1-トリクロロエタン 1以下   溶剤、金属の常温洗浄
1,1,2-トリクロロエタン 0.006以下   溶剤、金属の常温洗浄
トリクロロエチレン 0.03以下   金属表面の脱脂洗浄、冷媒
ベンゼン 0.01以下   燃料混入
 
第二種特定有害物質
(重金属等)
カドミウム及びその化合物 0.01以下 150以下 合金、電子工業、電池、めっき
六価クロム化合物 0.05以下 250以下 酸化剤、めっき、触媒、有機合成
シアン化合物 検出されないこと 50以下 めっき、試薬、触媒、有機合成
水銀及びその化合物 0.0005以下 15以下 電解電極、水銀灯、計器
アルキル水銀 検出されないこと   農薬、医薬、有機合成
セレン及びその化合物 0.01以下 150以下 半導体、光電池、鋼材の防食被覆
鉛及びその化合物 0.01以下 150以下 合金、はんだ、活字、水道管
砒素及びその化合物 0.01以下 150以下 半導体製造、殺虫剤、農薬
ふっ素及びその化合物 0.8以下 4,000以下 ガラス加工、金属表面処理、冷媒
ほう素及びその化合物 1以下 4,000以下 ガラス原料、防腐剤、殺虫剤
 
第三種特定有害物質
(農薬等)
シマジン 0.003以下   農薬(除草剤)
テオベンカルプ 0.02以下   農薬(除草剤)
チウラム 0.006以下   農薬(殺菌剤、害虫の忌避剤)
ポリ塩化ビフェニル 検出されないこと   触媒、電気絶縁体、変圧器
有機りん化合物 検出されないこと   農薬(殺菌剤)

Copyright © aichi-base. All Rights Reserved.

愛知ベース工業株式会社

本社:
〒444-3523
愛知県岡崎市藤川町
字北荒古15番1
TEL:0564-59-2338
FAX:0564-59-2358
aichi@aichi-base.co.jp
名古屋営業所:
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅
2-35-22 メビウス名古屋ビル3F
TEL:052-485-8381
FAX:052-485-8387
東京営業所:
TEL:03-6427-5294
FAX:03-6427-5295

環境省指定調査機関 環2006-4-4